Oggi.TV

  1. トップページ
  2. Oggi Topics(トピックス)
  3. 【第3回】旬を無視した食材選びは不調の原因かも

今こそ知りたい大人の女性のための“養生訓”

【大人の女性のための養生訓】
【第3回】旬を無視した食材選びは不調の原因かも

20170308smootie.JPG

数年前からグリーンスムージーがブームになり、冬でもバナナを入れて飲んでいる女性が多いと思うのですが......冬にバナナを食べると、冷えます。

バナナは南国で採れる果物なので、日本人が冬に食べるというのは不自然ですし冷えの原因につながっているのです。

食材は、旬のものに勝る栄養価が高いものはありません。

旬の食材は、体にとって一番の薬になります。

また、調理方法も季節によって適するものが異なります。

東洋医学では季節を大まかに「陰」と「陽」で分けており、春から夏は陽の季節、秋から冬は陰の季節としています。

調理方法は下記左側が「冷やす力」を増やす調理法で、右側に行くに従って「温める力」を増やす調理法です。

冷やす→生食→湯がく→茹でる、蒸す→煮る→焼く→炒める→揚げる

「陽」の季節(春〜夏)は体を冷ましたほうがいいので「陰」の調理方法を、「陰」の季節(秋〜冬)は体を温めるために「陽」の調理方法が適しています。

すると、冬に生の果物や野菜を食べるのは合わないということがわかりますね。

特に今の季節、体の冷えがとれないとお悩みの方は、是非果物や生野菜をやめてみてください。きっと体が楽になるはずです。

冬が旬の食材は、たとえば

20170308hakusai.JPG白菜や

20170308ringo.JPGりんご

20170308gindara.JPG銀だら

また、以下のようなものです。これらの中でも果物は除きますが、野菜や魚などを湯がいてお醤油をかけるだけでも養生の食事になります。参考にしてみてください。

小松菜・ほうれん草・水菜・春菊・チンゲン菜・ゆず・あんこう・金目鯛・はたはた・ふぐ・ぶり・じゃがいも・カリフラワー・ブロッコリー・大根・にんじん・長ネギ・みかん・きんかん・ほうぼう・カニ・ワカサギ・赤貝・みる貝・むつ

【ポイント】

旬の食材を季節ごとに合った調理法で食べる

若林理砂・Profile
臨床家・鍼灸師。1976年生まれ。高校卒業後に鍼灸免許を取得。早稲田大学第二文学部卒(思想宗教系専修)。2004年に東京・目黒にアシル治療室を開院。著書に『大人の女におやつはいらない』、『その痛みやめまい、お天気のせいです 自分で自律神経を整えて治すカンタン解消法』、『夏冷えにサヨナラ!ペットボトル温灸術』など多数。https://www.asil-llc.info
DMMラウンジ「若林理砂のカラダ稽古部!」ではボディーワークを扱うオンラインサロンを開設中。Twitterアカウントは@asilliza

月別アーカイブ

5 月号

今知りたい、

「配色」のこと
全部教えます!

最新号INDEX

購入する 

定期購読 

動画の詳細はこちら

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

ページのトップへ